脱毛時施術時に痛いのは最初だけ?太い毛と骨の近くはどうなの?

全身脱毛で痛みに耐えられなかったらどうする?

脱毛サロンで主流となっている光(フラッシュ)脱毛は毛根に特殊な光を当てて、毛根の黒い部分にダメージを与える脱毛方法です。何回も照射するうちに毛根が小さくなり、毛が生えにくくなります。そのため全身脱毛でも痛いのは、最初だけなんですね。何度も照射していくうちに毛が小さくなるので光の刺激を感じにくくなるからです。そもそも光(フラッシュ)脱毛は痛みの少ない脱毛法ですから恐れる必要はありません。ただ痛みには個人差がありますから一概に「大丈夫、大丈夫」とは言えませんよね。


痛みを感じやすい部位(場所)

脱毛時の痛みに関する質問に答える女性

痛みを感じやすいのは、太い毛を照射したとき。剛毛であればあるほど、熱さによる痛みを強く感じます。ですから腋の下やVIOラインにあたるデリケートゾーン、スネ毛の生えている方はヒザ下になります。また骨の近くにあたる恥骨部分、ヒジ、ヒザは、照射のたびにビクンと全身に突き抜けるような痛みが走りますよ。ところが回数を重ねるうちに、毛根が弱々しくなってくるせいか痛みも感じなくなってきます。初めの数回は痛くても4回目、5回目あたりでは眠っていることすらありますよ。

痛みがキツイと感じたら

施術をしているエステティシャンが、光の出力を下げたり、冷却ジェルを厚めに塗ってくれるなど対応してくれます。「痛いほうが効果があるかも?」と我慢せずに申し出ましょう。

痛みを緩和する麻酔

麻酔の説明をする看護師

脱毛エステサロンでは医療行為である麻酔を使っての脱毛はできません。クリニックであれば麻酔が使えます。肌に塗って痛みを緩和する麻酔クリーム、お酒を飲んだ時のようにポワンとした感覚になる笑気麻酔で痛みの感覚をなくすすことができます。リゼクリニックでは麻酔クリームと笑気麻酔のどちらも扱っています。アリシアクリニックでは吸引効果と冷却効果で痛みを抑えているので基本的に麻酔を使いません。湘南美容外科では笑気麻酔を使っています。レジーナクリニックでは麻酔クリームを使っています。

返金について

施術時の痛みが原因で返金という制度はありません。サロン、またはクリニックごとに差はありますが、基本的に急な引っ越しや妊娠に加えて、「ここまでの施術で満足したから」など、こちらの都合でキャンセルという場合と同じ扱いになります。残っている回数分が返ってくることがほとんどですが、そのうちの10%が手数料となります。手数料がかからずに返ってくるのはミュゼプラチナムです。解約手数料については契約の時に確認しておくことが大切です。

 

全身脱毛であなたが失敗しないための3か条

高評価サロン&クリニック特集ページ