脱毛にかかる料金を知っておきたい!外せない4つの基本

脱毛料金における考え方の基本

脱毛料金考えるなら、やりたいのが「部分的なのか」「全身なのか」と「エステティックサロンのような美容脱毛なのか」「クリニックで行う医療脱毛なのか」で、値段には差が出てきます。


価格設定はわかりにくいかも?正しく金額を把握するために♪

わき、腕など体の一部を脱毛

脱毛と一口に行っても、どこを脱毛したいのかによって、値段は異なります。多くの脱毛サロンでは、

脱毛の料金設定について親切に説明している脱毛の先輩

  • 体の狭い部位をSパーツ
  • 体の広い部位をLパーツ

と名付けて、照射回数とパーツ数で価格が設定されています。例えば「手の甲の毛と指毛」を脱毛したい場合、Sパーツ4回で○○円という計算になります。

 

ただミュゼプラチナムやジェイエステティックなどのキャンペーンであれば、満足するまで通えるプランもあるので、まずはそちらでお試ししてみましょう。そこで満足したなら他のコースを申し込むのが失敗のない方法です。医療脱毛では湘南美容外科が「わき脱毛通い放題」を行っています。回数無制限で何度でも通えるコースですね。医療レーザーによる痛みの程度が確認できますよ。

全身脱毛

全身脱毛は文字通り、全身の脱毛を指しますが、サロンやクリニックによって「顔」「VIO(デリケートゾーン)」を含むものと含まないプランがあります。また、顔脱毛に関しては脱毛範囲が限定されることがあるので細かくチェックする必要があります。

脱毛の料金設定について親切に説明している脱毛の先輩

 

例えばシースリーの全身脱毛は「顔」「VIO(デリケートゾーン)」を含みます。脱毛ラボも「顔」「VIO(デリケートゾーン)」を含みます。ところが顔の照射範囲はシースリーはおでこから脱毛するのに対して脱毛ラボは頬骨から下になります。

 

アリシアクリニックではVIOを含む全身脱毛が人気ですが顔は含まれていません。クリニックの全身脱毛は基本的に顔とVIOは、別料金になっています。

エステティックサロンで美容脱毛

エステティックサロンでの美容脱毛は厳密には特殊な光を照射することで除毛減毛を行うもの。いわゆる光脱毛ですね。エステティシャンが民間資格で行えるものです。

 

脱毛費用は数百円から設定されているほど、安価なプランもあります。シースリー(C3)のように一生脱毛保証を行う40万円程度のプランも登場。最も無駄がなく確実にケアが続けられるプランですね。

クリニックで行う医療脱毛

クリニックでの医療脱毛は、永久脱毛と呼ばれます。美容皮膚科や美容外科で行う医療レーザーによる脱毛は医師や看護師が行うもので費用は高くなります。

 

現在は脱毛機器の進化でサロン仕様の機器も充分な効果と実績があります。ただ医療脱毛で扱うレーザー脱毛とは光のパワーが違います。医療期間に通うほうが期間は2/3から半分程度短くなることもあります。

あなたにとってお得な脱毛方法は?

脱毛の費用は部分脱毛と全身脱毛に分けて考えるべきです。わき脱毛をやって快適だったから腕も処理しよう、手の甲や指も気になってきたな……などと部分脱毛を重ねに重ねて結局は全身脱毛をしたとしましょう。金額は60〜80万円、期間は4年〜6年というのが相場になるでしょう。初めから「全身脱毛をする」と決めて行った場合の倍ほどかかることも珍しくありません。

 

「おなかや背中の脱毛は必要ない、腋の下と腕だけでいい」と絶対と決めて揺るがないのであれば部分脱毛がおすすめです。ところが脱毛は始めてみるとキモチが違ってきます。処理した部分の肌の綺麗さと、自己処理している部分の差が出てきてしまうんですね。初めに決めていた部分だけでなく「もっとやりたい」という気持ちになってくる方が80%以上いるという事実、知っておいてくださいね。

 

シースリーの脱毛は3ヶ月に1回全身(顔とデリケートゾーンのVIIOを含む)を45分で処理します。肌に負担をかけない優しい方法。追加料金はなく生涯脱毛保証が付いているので値段の面から考えてもお得です。

 

全身脱毛であなたが失敗しないための3か条

高評価サロン&クリニック特集ページ